アーカイブ: 2013年8月

子と甥と姪が相続関係者の場合

甥や姪が相続人になるとするならば、どのようなケースなのか

相続における関係者で最も遠いのが被相続人にとって甥と姪になります。相続ではまず配偶者がその相続権を持ち、それ以外では子が第一順位者として相続権をもっています。この子から見て従兄弟になるのが、甥と姪です。
“子と甥と姪が相続関係者の場合” の詳細は »

妻と娘、養子の娘婿が相続人である場合

養子縁組をした娘婿がいる場合の相続分はどうなるのか

相続における日本の社会は、家を継ぐという考え方が主流であり、子が一人娘であった場合など、その娘に婿をもらい、家を継がせるという事があります。この家督相続という考え方は社会通念的なものであり、相続に関する法律上の制度としてはありません。
“妻と娘、養子の娘婿が相続人である場合” の詳細は »

相続分についてあれこれ深堀する

相続の主なパターンとそれぞれの相続分と遺留分について

相続で最も多いと考えられるのは、配偶者と子が相続人の場合です。
“相続分についてあれこれ深堀する” の詳細は »

法律で決まっている相続分を忘れないように

法定相続人が受け取る相続分はの割合は、法律によって定められています

相続人がそれぞれ相続する取り分を、相続分といい、これは法律で定められています。
“法律で決まっている相続分を忘れないように” の詳細は »