アーカイブ: 2014年8月

生命保険契約あった場合の遺産分割は?

保険金請求権が遺産分割の対象となるかを確認する必要があります。

被相続人が生命保険契約を締結していた場合は、
受取人がどのようにされているかどうか、
遺産分割の対象となるかどうかの確認が必要です。


“生命保険契約あった場合の遺産分割は?” の詳細は »

トラブルを回避するための遺言の書き方①

遺言を確実に実行するために、遺言執行者を選任するのが望ましいです。

当事者だけの話し合いよりも第三に介入してもらったほうがスムーズに
問題を解決できるという場合はよくあります。
相続手続きにおいても、遺言の中であらかじめ遺言執行者を指定して
おけば、遺言に書かれた内容を確実に実行してもらうことができます。


“トラブルを回避するための遺言の書き方①” の詳細は »

遺産分割未了の間に、第二相続が開始された場合

遺産分割未了の間に、その相続人である者が死亡した場合は、遺産分割協議書作成時に注意が必要です。

ある者(第一次被相続人A)が死亡して相続が開始し、
その者の遺産分割が未了の間に、Aの相続人の一人(第二次被相続人B)が
死亡して相続が開始した場合を「再転相続」又は「数次相続」といいます。
“遺産分割未了の間に、第二相続が開始された場合” の詳細は »