生命保険契約あった場合の遺産分割は?

被相続人が生命保険契約を締結していた場合は、
受取人がどのようにされているかどうか、
遺産分割の対象となるかどうかの確認が必要です。

例1
被相続人は、生命保険会社との間で、自己が被保険者として、
相続人の一人であるAを受取人とした、生命保険契約を
締結していました。
このような場合、判例では、被相続人の死亡によって、
指定を受けたものが固有財産として保険金請求権を取得し、
相続財産を構成することはないとしていますので、
遺産分割を経ることなく、Aは単独で保険金を請求する
ことができます。

例2
被相続人は、生命保険会社との間で、自己が被保険者として、
受取人を「相続人」と指定して、生命保険契約を締結して
いました。
このような場合、判例では、被保険者の死亡時の相続人たるべき者が、
保険契約により固有の権利として保険金請求権を取得すると
解かしていますので、相続開始とともに当然分割されます。
相続人はそれぞれ単独で保険金を請求することができます。
受取割合については、保険会社の契約約款に割合を定めている
場合を除き、各相続人の法定相続分に応じて帰属するというのが
判例の立場です。

トラックバック URL