さまざまな歴史を、感じた瞬間(とき)

先日、ご依頼者の方が
相続手続のために取得したお父様の戸籍謄本をご覧になって、
昔、東京都が「東京府東京市」だったことに、ビックリされていました。

私は、歴史について、とても不得意ですので
現状の東京都になるまでの説明をすることはできませんが
今の都道府県になるまでに
きっと、さまざまな歴史があったに違いありませんね・・・

少し関係のあるところで、
自動車のナンバーについても歴史がありますよね。

今は、市区町村単位で、管轄が決まっています。
例として、横浜ナンバーになるのは、
横浜市、横須賀市、鎌倉市、三浦市、逗子市、三浦郡(葉山町)です。
横浜市に運輸支局があるので、「横浜」の地域名
がナンバープレートに表示されています。

しかし、その昔は、地域名の頭文字だけが
表示されていました。

そして、そのまた昔は、府県単位で、ナンバーが決まっていました。
表示は、府県の頭文字だけでした。

自動車のナンバープレートひとつとっても、
歴史があるんですね・・・

川崎で相続登記を任せられる人
表題登記を土地家屋調査士が担当し、権利の登記を司法書士が担当する。日本の資格制度の概要ですね。
xn--8ltrsq61dc8f.jp/registration

トラックバック URL