カテゴリー: 順番という概念が民法にある

遺産の相続の基本ルールを知っておく

指定相続分は、法定相続分に優先しますので、遺言により、法定相続分を変えることができます。

相続人が2人以上いる場合は、相続人の受ける相続財産の割合を
相続分といいます。


“遺産の相続の基本ルールを知っておく” の詳細は »

子と甥と姪が相続関係者の場合

甥や姪が相続人になるとするならば、どのようなケースなのか

相続における関係者で最も遠いのが被相続人にとって甥と姪になります。相続ではまず配偶者がその相続権を持ち、それ以外では子が第一順位者として相続権をもっています。この子から見て従兄弟になるのが、甥と姪です。
“子と甥と姪が相続関係者の場合” の詳細は »