子と甥と姪が相続関係者の場合

相続における関係者で最も遠いのが被相続人にとって甥と姪になります。相続ではまず配偶者がその相続権を持ち、それ以外では子が第一順位者として相続権をもっています。この子から見て従兄弟になるのが、甥と姪です。
では、この甥や姪が相続人になるのはどのような場合か見てみましょう。

まず、被相続人の配偶者が既に他界しているかいない場合で、子もいない時に子の代襲相続人もいなければ、第二順位である被相続人の親に相続権が行きます。しかし、この親も既に他界していて初めて第三順位である被相続人の兄弟姉妹に相続権が発生します。この兄弟姉妹に相続権が行き、さらにその兄弟姉妹が死亡していた場合にその兄弟姉妹の子である甥や姪が代襲相続できるというわけです。

したがって、莫大な資産家の被相続人の親類の殆どが死亡しており、残されたのが被相続人の子と甥と姪だった場合だったとしても、子だけが相続人となって被相続人の財産を受け取ることになり、甥や姪が財産を相続することはありません。仮に被相続人の兄弟姉妹がいたとしても相続人となることは無いのですから、さらその代襲相続人でしかない甥や姪に財産が行くことはないのです。

相続手続支援センター川崎駅前は無料相談で有名です。
川崎で、相続専門サポート組織ができあがりました。相続についてご相談者のお役にたとうと、頑張っております。相談者の相続問題を支援するには、相続の知識だけではだめだと気付きました。川崎駅前に事務所があります。
xn--8ltrsq61dc8f.jp/useful/

»
 

トラックバック URL

コメントを書き込む