妻と娘、養子の娘婿が相続人である場合

相続における日本の社会は、家を継ぐという考え方が主流であり、子が一人娘であった場合など、その娘に婿をもらい、家を継がせるという事があります。この家督相続という考え方は社会通念的なものであり、相続に関する法律上の制度としてはありません。

相続の観点から見ると、娘婿が家にいるから相続人になれるのかというと、その娘婿が法律上どのような立場にあるかによって変わります。姓は婿の姓戸籍上も婿の戸籍に入っているが、実質上家を継ぐために娘の実家に婿が入った場合、姓は娘の家の姓で、娘の実家に入って生計をともにしているが、戸籍上は婿の戸籍に入っている場合など、姓も生活も娘の家に入っていても、戸籍が婿の方に入っている場合、娘の親の相続権はありません。

相続権が発生するのは、戸籍上、娘と婚姻しただけでなく、娘の親と正式に養子縁組をした場合のみです。養子縁組をした場合、実子と同じ相続権を持つこととなります。
<例:養子縁組した婿と娘、妻が相続人>
妻:配偶者なので相続分は2分の⒈
娘:子なので、相続分は2分の⒈他に子はいないが、養子縁組した夫は子として扱う為、
相続分は2分の⒈を子の人数2人で等分するので、4分の⒈
婿:養子縁組者なので子と同じ扱い。自分の妻である娘と同じく4分の⒈

相続の相談無料の相続手続支援センター川崎駅前は安心度抜群
地域や家族の慣習も考慮して相続の手続をお手伝いしています。
相続川崎.jp/service

»
 

トラックバック URL

コメントを書き込む