カテゴリー: 協議書をまとめる

遺産の分割をするには、どんな方法があるのか

相続が開始され、被相続人の財産を分けることを遺産分割と言います。

相続が発生し、相続人の間でその遺産をどうするか、
被相続人の財産は、相続開始と同時に共同相続人が共有することになりますが、
この共有状態にある財産を、各相続人毎の所有にさせる方法が遺産分割です。

“遺産の分割をするには、どんな方法があるのか” の詳細は »

遺産分割協議書を作成しておくことが望ましいです。

遺産分割協議書作成は不動産名義変更するために必要である他、家族の間で争いになるのを防ぐためにも作成しておくことが望ましいです。

家族構成が複雑だったり、家族の間で感情の行き違いがあったりする場合は、
遺産分割協議書の存在が「家族間での争い」に発展するのを防いでくれます。
話し合いの結果をきちんと記録しておく事が望ましいでしょう。


“遺産分割協議書を作成しておくことが望ましいです。” の詳細は »

遺産分割未了の間に、第二相続が開始された場合

遺産分割未了の間に、その相続人である者が死亡した場合は、遺産分割協議書作成時に注意が必要です。

ある者(第一次被相続人A)が死亡して相続が開始し、
その者の遺産分割が未了の間に、Aの相続人の一人(第二次被相続人B)が
死亡して相続が開始した場合を「再転相続」又は「数次相続」といいます。
“遺産分割未了の間に、第二相続が開始された場合” の詳細は »