遺産の分割をするには、どんな方法があるのか

相続が発生し、相続人の間でその遺産をどうするか、
被相続人の財産は、相続開始と同時に共同相続人が共有することになりますが、
この共有状態にある財産を、各相続人毎の所有にさせる方法が遺産分割です。

遺産分割には、4つの方法があります。

1 指定分割
遺言等により分割する方法。
協議による分割、家庭裁判所の審判によりも優先されます。
2  協議分割
相続人全員参加のもとに、全員の同意によって分割する方法。
相続人全員の協議によって合意した分割内容を書面にしたものを、
遺産分割協議書といいます。
3  調停分割
上記の協議が調わない場合に、共同相続人が申し立てをして、
家庭裁判所の調停により分割する方法。
4 審判分割
家庭裁判所の調停でも協議が調わない場合などに、家庭裁判所の
審判により分割する方法。
この場合は、民法に定められている分割基準に従って分割しますので、
すべての共同相続人の合意がない限りは、相続分に反する分割はできません。

また、実際に財産を分割するには、現物分割、換価分割、代償分割の3つの方法
があります。

川崎市で相続人の為の相談をしている
専門家に頼む事でなれない事に使う時間を浮かせ、故人の供養をできますね。
xn--8ltrsq61dc8f.jp

«
 

トラックバック URL