タグ: 法律行為

未成年者の行為能力と親権者の権限について

共同相続人に未成年者がいる場合は、法定代理人が代わって、遺産分割協議を行います。

 20才に達しないものは、未成年者であり、原則として行為能力が
制限されています。
 法律行為をする場合には、法定代理人の同意を得る必要があります。
行為能力とは、単独で有効な法律行為を行う能力のことをいい、
民法では、意思能力が完全とは言えないものを定型化し(未成年者、
成年被後見人、被保佐人、被補助人)、これらの者の行為能力を
画一的に制限しています。
“未成年者の行為能力と親権者の権限について” の詳細は »