カテゴリー: 全員の合意が必要

遺産分割協議がまとまらない時はどうすればいいのか

遺産分割協議のルールは、相続人の全員が参加して、その分割内容に相続人全員が合意することです。 万が一、まとまらない場合についてを、お話しさせていただきます。

お互いの立場を尊重して、ある程度譲りあいながら協議をまとめるように努力をしても、
相続人全員の合意に至らず、遺産分割協議がまとまらない場合もあるでしょう。


“遺産分割協議がまとまらない時はどうすればいいのか” の詳細は »

遺産分割協議書を作成する目的と留意点

必ず作成しなくてはいけないものではありませんが、作成することが望ましいです。

協議による遺産の分割は、共同相続人全員が同意をすることによって
成立しますが、必ずしも協議の結果を書面にしなくてはならないものでは
ありません。
しかし、その成立と内容を明確にして、遺産分割協議後の相続登記、
動産類の引き渡し、預貯金の払戻しや債務負担による代償金の支払いなどを
円滑に行うため、遺産分割協議書を作成するのが望ましいです。
“遺産分割協議書を作成する目的と留意点” の詳細は »