不動産を相続するのは誰がいいか

相続人からよくいただく質問につぎものがあります。
不動産を誰が相続したらいいのでしょうか。

こういう質問をされる方の頭の中には、
いくつかの選択肢があります。

その1
配偶者である自分が不動産を相続する。

その2
自分と子どもらが全員法定相続分で相続する。

その3
自分、および自分と同居している長男など、子どもの一人と、
2人で共有にする。

いったいこれら3つの選択肢は、どれが正解なのでしょうか。
答えはありません。
相続人の事情によって答えは違ってきます。
言い換えると、
家族が何を優先するのかによって変わります。

感情なのか、
法律上の安定なのか、
節税なのかどれを優先させるべきポイントはいくつかあります。
価値観なので正解はありません。

ただし、自分の優先順位を実現できない登記をしてしまうと、
後に取り返しがつきません。

専門家に頭の中の交通整理を頼むといいかもしれないです。

相続の情報を川崎から発するブログ