法律で決まっている相続分を忘れないように

相続人がそれぞれ相続する取り分を、相続分といい、これは法律で定められています。

ただし、被相続人が遺言を残し、相続分を指定した、若しくは、第三者に指定させることを定めた場合、その相続分は遺言の通りに分けられます。(本来の相続人が最低限相続できる財産(遺留分)が法律で定められているため、全て遺言どおりにいかない場合がある)
この遺言が残されていない場合は、以下のような相続分となります。

1)相続人が子と配偶者のみ
配偶者が 1/2
子が  1/2 (子が2人なら、1/4×2人となり、その人数分で分ける)
※非嫡出子の相続分は、嫡出子の1/2
2)相続人が配偶者と直系尊属(親・祖父母)
配偶者 2/3
直系尊属 1/3 (直系尊属が2人なら、1/6×2人となりその人数分で分ける)
3)相続人が配偶者と兄弟姉妹
配偶者 3/4
兄弟姉妹 1/4 (①②と同様、兄弟姉妹の人数で分ける)
※父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹は、父母共に同じくする兄弟姉妹の半分とする

トラックバック URL

コメントを書き込む